Subscribe to FXに株に人生を費やす Subscribe to FXに株に人生を費やす's comments

s-201302111318096585一方では、日本人の「美徳」だとは思うのですが・・・。やっぱり国際的に見たら特殊らしいです。「お金」「お釣り」と「お」をつけて、「大事な物」という扱いなのは日本だけ。海外では、紙幣や硬貨は、「物」扱いです。扱う時に、特別な配慮はしません。

典型的なのは、レジで「お釣り」を渡す時の動作で、日本の場合は数枚の小銭を「両手で包み込む様にして」渡してくれる店員まで居ます。これが中国だと、レジ台の上に文字通り「放り投げる」感じで渡されます。日本時だと「むっ!」とするシーンですが、当然、やっている方に悪意はありません。逆に、「お前達こそ、ちょっと変なんじゃないのか?」と言われかねないでしょう。

確か椎名誠のエッセイだったと思うのですが、「海外に行くと、紙幣がボロボロで驚く」という文章を読んだ事があります。「金という物に対する憎しみ」すら感じる、と。まぁ、言って見れば「単なる物質」にすぎないワケで、それに人生を左右されている感じは、納得いかない気もします。無ければ確実に生活に困る。しかし、勝手には作れない。あったら良いか、と言ったら、あまり多くあったら、それはそれで問題のタネになる・・・。やっぱり「お金」とか、言ってる場合じゃないのかも知れませんね。

モビット審査時間


s-20130314165222166127最近の世の中は、不景気で、景気が改善しつつあると言っても、そこまでの回復の兆しがまだ分からないですし、今後も消費税の増税などもあり、それにより消費者も考えてお金を使うようになり、お金の回り方が悪くなり、またどっと不景気になるのではないかと不安になります。増税は本当に辛いです。5%でも相当高いなと思っていましたが、より増えて春からは8%になり、またすぐに10パーセントになるなど、信じられません。10%になれば、不景気はおさまらず、悪化の道を進むしかないように思います。

増税して、それなりに企業が労働者に、給料を増やしてくれればいいですが、不景気になり、企業もお金が無くて、給料も増えず、そこで消費税の増税が来たら、怖くて考えることが出来ません。消費者は出来るだけ消費を抑えようとします。買い物を減らすし、出来るだけ安い物しか買わない。そうしたら、景気は悪くなり、また給料も下がりで、日本の皆が苦労するのではないかと不安でしかないです。

全体がお金を失ってしまい、貧しい生活をするしか無くなってしまいます。そうすると、心もすさみ、人間の豊かな性格も、悪いほうになっていく気がします。お金が全てではないけど、お金がなければ何も出来ないので、もっといい方向になればいいなと思います。

キャッシング審査落ち


s-20130218235443104027家計簿は多くの世帯で利用されているのではないかと考えられています。最も重要な役割としては、お金を自己管理させることを徹底して続けることが可能となるためのサポートが挙げられています。日頃の収支をはっきりとさせることにより、無駄なお金の利用を減らすことが期待でき、効果的な貯蓄や消費生活が可能となる可能性が高いと考えられています。主婦にとっては家計簿を日頃から記録していくことは一般的であると認識されていますが、明確な意識を持って家計簿を記録することも大事なことであるのではないかと思います。
 
現在では気軽に記録できるタイプの家計簿が数多く見受けられており、トレンドにもなりつつあります。そのため、以前に比べて家計簿を記録する人が確実に増加してきているのではないかと推測されており、注目を集め始めています。主婦だけではなく、一ひとり暮らしをしている人の家計簿の習慣付けも積極的となってきているため、このような状態につながっているのではないでしょうか。様々な家庭環境の人が家計簿を記録していく習慣を根付かせることにより、効率的なお金の使い方を習得できる人が次第に多くなっていくのではないかと強く期待されています。

fxバイナリーオプション


s-20130829091645183012「お金は天下の回りもの」について論じる記事を読みました。日本人はなんとなくお金を使っていればいつか自分のもとにもやってくるだろうと思っていることを表す、あるいは無駄遣いの言い訳として使っている言葉です。それに対し華僑は顔が見える仲間との間でしかお金を回さず、身銭を切らない相手を仲間と認めないのだそうです。日本人に比べ、過酷な環境で生きる華僑はお金に対して厳しいルールをもっているようです。世界の各地で少数派として生きるというのはそういうことなのかとしみじみ感じました。

日本人の「お金は天下の回りもの」な意識は思考停止を感じさせます。日本人はお金を稼ぐことをタブー視している、それはお金をケガレだとする思想のせいだ、とよく言われていますが、その華僑の生き方と照らし合わせると少し違うのではないかと思います。ケガレなのではなく、思考する作業を嫌がっているのではないでしょうか。日本は地理的に異民族からの侵略が少なく、土も豊かで引き篭もってもやっていけた時代がありました。

そのせいで思考停止しても困らない、いや思考停止していた方が混乱が起きないで都合が良かったのではないでしょうか。その習慣が今も続いているような気がします。ですが今はもうグローバル時代。周囲の海はテクノロジーにより異民族の侵入から守ってくれません。この時代にどう適合するか、思考をフル回転させていきましょう。

バイナリーオプション自動売買


s-20130121232302104027私は現在、自営業を営んでいます。その自営業は父から継いだものなのですが、その事業を承継する前は、銀行員として安定収入を得ていました。自営業に転職してからは、特に不自由もなく、だいたい前職同等の稼ぎを得ています。前職と同等の稼ぎを得ながらも、前職ほど仕事に忙殺されることも無く、健康的な毎日を送っています。

そのような中、私は結婚し、子供もできたのですが、それによって急に私の中でお金の不安が出てきました。現在は十分な稼ぎを得ているとは言え、自営業なんてこの先どうなるか分かりません。それを考えるとお金の不安が常に私の頭の中でくすぶっています。そのため、独身時代はとにかく浪費家であった私が、最近は随分、財布のひもがきつくなりました。財布のひもがきついというか、ケチと言っても過言ではありません。独身の頃は稼いだお金は全て自分のために使えたわけですが、結婚してからはそうはいきません。嫁は専業主婦なので、私の稼ぎで全てを賄わなければならないのです。

そうなると、嫁の無駄遣いがとても腹だたしい気分になります。冷静に考えると、それは無駄遣いと言うほどのものではないのですが、ちょっとした出費も気になるくらい、私はお金にシビアになっているということでしょう。やはり自営業で家庭を持つというのは、並大抵のことではないと痛感しています。

バイナリーオプション攻略


s-201302111318096585私は結婚しています。夫の稼ぎが少ないので、毎日ギリギリの生活をしているのです。洋服一枚だってろくに買えません。そんな私を見かねて、父が三万円私にくれたのです。いつも同じ服を着ているから、これで好きな服を買いなさいと言われました。確かに父に会うときも、いつも同じワンピースなのです。これじゃ、父も勘付くはずなのです。
でも三万円を私の服に使ってしまうのは、とてももったいないです。

三万円もあれば、子供のものも買えるのです。今私が一番欲しいのはお米です。スーパーで一番安いお米を買っています。でもあまり美味しいとはおもえないのです。だから私はもっと美味しいお米を買いたいのです。そして毎日美味しいご飯を食べたいです。お米が美味しければ、オカズだって必要ありません。でも三万円もしません。残ってしまうのです。無理して使わなくてもいいと思います。また今度お金がない時に、使えばいいと思うのです。その時まで大事にとっておくのもいいかもしれません。

毎月の夫のお給料だって少なくなっていく一方なのです。今年はボーナスも出ませんでした。毎年これでは生活できません。貯金だってできなくなります。できれば父に、心配させないほどの生活をしたいのです。